不動産を賢く利用するために知識をつけよう

予め考える

相続と資産の処分について

相続は、基本的には偶然的に生じるものですから、相続で得た財産について、あらかじめ、その処分方法を考えておくということはないものです。相続の機会自体は、ある程度予測することも可能です。しかし、相続財産といっても、現金や不動産など、いろいろな種類のものがあり、実際にどのようなものを相続するのかわからないため、その処分方法を考えておくことができないのです。不動産を相続した場合には、相続不動産売却も選択肢の一つですが、手続きに時間がかかる一方で、相続税の納入をしなければなりません。価値の高い不動産ほど、相続不動産売却には時間がかかる一方で、相続税の金額も大きくなります。そこで、物納という方法がやむを得ず取られることも少なくないのです。

相続した不動産の取り扱いについて

しかし、物納では、相続不動産の価値が、あまり有利に評価されないこともあります。そこで、物納や相続不動産売却の変わりに、その不動産を担保にして現金を調達する方法が考えられます。これにより、相続税の納入に対しては対応できます。一方で、相続不動産を活用して利潤を上げることを検討するのです。不動産からの利潤は、実際に手にするまで時間がかかるので、返済との調整が必要です。そこで、相続不動産と一緒に、将来的な利潤も担保にして、その利潤から返済が行われるようにすれば、相続不動産売却をすることなく、ある程度の利潤を期待することができるのです。そのための金融パッケージとして、各種の金融機関でサービス化が始まっているのです。

ピックアップ

簡単に査定

不動産の査定というと大変なイメージがありましたが、今では簡単で手軽に不動産買取査定ができます。ネットでの簡易査定もあれば、訪問システムもあるので、自分のスタイルに合ったものを選べます。

» readmore

便利な家具家電付き

新しい生活を始める際に、家具付きマンションを選ぶのも一つの方法です。大学進学などの単身住居をする人には得策です。このようなマンションの多くは家具家電が就いています。ただし物件によって備わっているものが違ってきます。

» readmore

費用を抑える

注文住宅を購入しようと思うと数千万円、あるいは数億円の費用がかかります。最近ではローコスト住宅や超ローコスト住宅などがあるため、工夫をすることで費用を抑えることも可能です。

» readmore